ファクタリングの基礎

ファクタリングとは|メリット・デメリット・活用事例

ファクタリングの基本の”キ_のコピー

Contents

中小企業にオススメの資金調達|ファクタリングとは

ファクタリング 即日

事業を行う企業にとって資金調達は大きな課題ですが、この課題を解決する方法として「ファクタリング」が近年注目されています。
今回は中小企業や個人事業主でも利用することができるファクタリングについて解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは企業から売掛債権を買い取り、売掛債権の管理や回収を行ってくれるサービスのことです。

日本の企業間の取引では先に商品やサービスを提供した後、月末などにまとめて代金を支払ってもらう信用取引が一般的です。しかし信用取引の場合、売掛金の入金が遅れたり、貸倒れになったりすると資金難に陥ってしまうリスクもあります。

ファクタリングを利用することで、売掛先が倒産する恐れがある場合に保険をかけておくことや、未回収の売掛債権を売却して現金化することができます。

主なファクタリングには買取型と補償型の2種類

主なファクタリングとして売掛債権を現金化する買取ファクタリングと、売掛債権の回収に保険をかけておく保証ファクタリングの2種類があります。

買取ファクタリング

買取ファクタリングは売掛債権の回収リスクをさげたり、売掛債権を現金化して資金調達をすることを目的に利用される。
また債権をオフバランス化することができるので自己資本比率を高め、企業価値を上げることに用いられることもあります。

売掛債権をファクタリング業者に売却して、手数料を差し引かれた金額を受け取ることができます。
銀行の融資と違い担保を提供する必要はなく、売掛先の信用を審査対象とするので、中小企業でも審査に通りやすいということがメリットです。

保証ファクタリング

売掛金の支払いをファクタリング会社が保証してくれる、保険のようなサービスです。
もし取引先が倒産してしまい売掛金が回収できなくなった場合、取引先の代わりにファクタリング会社が保証金を支払ってくれます。
ファクタリング会社が取引先の信用調査をしての枠保証を決めた後、その枠内の金額の売掛債権を保証してくれます。

買取ファクタリングは「資金調達」を目的にするのに対し、保証ファクタリングは「取引先の倒産によって売掛金が回収できなくなることを未然に防ぐ」ことが目的になります。

買取ファクタリングには2種類ある

ファクタリングを利用する際に、ファクタリング会社が取引先とどのようにかかわるかによって「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つに分類することができます。

2社間ファクタリング

ファクタリング会社が取引先と関わらず、自社とファクタリング会社との2社間で契約を行う場合は2社間ファクタリングと呼ばれます。

2社間ファクタリングのメリット
  • 取引先の承認を取らなくてもいい
  • 最短で即日の現金化が可能
  • 比較的ハードルが低い
2社間ファクタリングのデメリット
  • 銀行融資などに比べて手数料が高い
  • 大手のファクタリング会社では基本的に利用できない
  • 取引きにファクタリングがバレてしまう可能性がゼロではない

3社間ファクタリング

ファクタリング会社が取引先と関わると3社間ファクタリングと呼ばれます。
3社間ファクタリングでは、ファクタリングの利用による債権譲渡を取引先に承認してもらわなければいけません。
利用のハードルが高くなってしまいますが、2社間ファクタリングに比べて手数料が大幅に安くなるというメリットがあります。

3社間ファクタリングのメリット
  • 手数料が比較的安い
  • 大手のファクタリング会社もサービスを提供している
  • 取引先との取引の透明性を確保できる
  • 売掛金を回収する必要がなくなる
3社間ファクタリングのデメリット
  • 取引先から承認を得る必要がある
  • 現金化に時間がかかることもある
  • 利用のハードルが高い

ファクタリングは資金調達をする手段の一つ

ファクタリングをうまく利用することで、すぐに現金を集めることができます。
金融機関と違い審査も審査が通りやすいので、個人事業主や中小企業でも利用できるのが特徴です。
資金繰りを解決する方法の一つとして活用を考えてみてはいかかでしょうか。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリング 即日
ファクタリングは自社・ファクタリング会社・取引先の3社がどのようにかかわるかで、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に分別されます。

今回はそれぞれのメリットとデメリットを解説していきます。
しっかりと把握してファクタリングの利用を考えるときに役立ててください。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングでは基本的に自社とファクタリング会社の2社間のみで手続きを行う契約です。
契約に取引先が介入しないので、債務状況が悪いという事実を知らせることなく資金調達を行えます。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングのメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • 取引先から承認される必要がない
  • 最短即日に現金化できる

取引先から承認される必要がない

基本的に取引先への通知や承認をもらう必要がないので、自社の債務状況が悪いということを知られることなく資金調達をすることができます。

銀行融資ではなく割高な手数料を支払ってでもファクタリングを利用するということは、取引先からの信用度に関ってきます。
自社の信用を下げることなく資金調達をできるというのは十分なメリットといえます。

最短即日に現金化できる

2社間ファクタリングでは最短即日に現金を受け取ることで緊急の資金が必要な場合に重宝します。

自社とファクタリング会社の2社で契約が成立するので、取引先との交渉や事務手続きをする時間を短縮することができます。
またファクタリングの場合、銀行融資とは違い自社の信用ではなく債権の信用が重要になるので、審査のスピードを圧倒的に早くすることができます。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングのデメリットは以下の3つ挙げられます。

  • 3社間ファクタリングと比べても手数料が高い
  • 大手では基本的には利用できない
  • 取引先にファクタリングの利用が伝わってしまう心配がある

3社間ファクタリングと比べても手数料が高い

ファクタリングは融資と違い売掛債権の売買なので、利息ではなく手数料を支払わなければいけません。
しかし2社間ファクタリングの手数料は3社間ファクタリングと比べてもかなり割高なので注意が必要です。

大手では基本的には利用できない

大手のファクタリング会社では2社間ファクタリングのサービスを提供していないので、中小ファクタリング会社から選ばなければいけません。
このような中小ファクタリング業者の中には闇金業者が運営しているケースもあるので、契約する企業は慎重に選択しましょう。

取引先にファクタリングの利用が伝わってしまう心配がある

取引先にファクタリングの利用を通知する必要はありませんが、万が一ファクタリング利用が知られてしまった場合、取引先からの信用を失ってしまいます。
取引先との関係に透明性を持たせたい場合は、2社間ファクタリングを避けた方が無難といえます。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングでは、ファクタリング利用による債権の譲渡を取引先に承諾してもらう必要があります。

売掛金の支払いも自社の取引先が直接ファクタリング会社に行うので、取引先から売掛金を回収する手間を省くことができます。

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングのメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 手数料が比較的安い
  • 大手のファクタリング会社を利用できる
  • 売掛金を回収する手間が無くなる

手数料が比較的安い

3社間ファクタリングも現金を受け取る際に手数料を支払う必要がありますが、2社間ファクタリングと比較しても大幅に低い手数料で利用できます。

大手のファクタリング会社を利用できる

3社間ファクタリングになると大手のファクタリング会社でも契約することができるので、闇金業者とのトラブルを事前に避けることができます。

売掛金を回収する手間が無くなる

基本的に売掛金は取引先からファクタリング会社へ直接支払われるので、自社で売掛金の回収をする手間が無くなります。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングのデメリットは以下の3つが挙げられます。

  • 取引先から承認をもらう必要がある
  • 売掛金を現金化するのに時間がかかることがある
  • 利用のハードルが高い

取引先から承認をもらう必要がある

3社間ファクタリングの場合、ファクタリングの利用を取引先に説明し承諾を得ないといけません。

当然、取引先には自社の債務状況が苦しいということを知られてしまうので、今後の取引に影響が出てしまうことも考えられます。

売掛金を現金化するのに時間がかかることがある

自社とファクタリング会社だけで契約するのとは違い、取引先への通知や承諾が必要になるので、必然的に債権を現金化するには時間がかかります。
もし急を要する緊急の資金調達の場合は2社間ファクタリングを利用した方が、スピーディーに契約が進めることができます。

利用のハードルが高い

契約に絡む会社が増えてくるので、審査が厳しくなる傾向があります。
確実にかつ早急に資金調達を行うなら2社間ファクタリングを選択すべきといえるでしょう。

しっかり利点を把握して現状に合った選択を

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのどちらにも利点があるので、どちらが優れているというわけではありません。
自社の状況に合わせてメリットを最大限生かせるファクタリングを選択しましょう。

ファクタリングのメリットとは

ファクタリング 即日

ファクタリングは取引先との売掛金を利用した資金調達であり、銀行融資などとは違ったメリットが存在します。
今回はファクタリングのメリットについて解説していきます。

ファクタリングのメリット6選

ファクタリングのメリットは主に以下の6つが挙げられます。

  • 最短即日のうちに現金化できる
  • 2社間ファクタリングの場合、取引先に気づかれにくい
  • 信用情報に影響がない
  • 銀行融資よりも審査が容易
  • 取引先が倒産した際は、売掛金を回収しなくても良いという契約もある
  • 担保・保証人がなくても利用可能

最短即日のうちに現金化できる

ファクタリングは銀行などの金融機関からの融資に比べて現金化のスピードが早く、最短で当日に現金化してくれるファクタリング会社もいくつかあります。

銀行融資の場合、2週間から2か月ほどの期間が必要です。
普段から取引している銀行でも、即日に融資してくれるケースはほとんどありません。

ファクタリングの場合、はじめての利用でも即日に債権を現金化できるケースがあるので、すぐに現金が必要な企業・個人事業主には無視できない利点です。

なぜすぐに現金化できるのか?

ファクタリングにおいて重視するのは「売上金が架空であるか否か」「二重譲渡ではないか」という点であり、利用者の信用度ではありません。
よってファクタリング会社は債権を買い取るか否かという、審査だけを素早く行えます。

2社間ファクタリングの場合、取引先に気づかれにくい

2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が行われないので、取引先にファクタリングの利用を知らせる必要がありません。
なので取引先には「債務状況が悪く今すぐ現金が必要」という都合の悪い事実を知られることなく、資金調達を行うことができます。

債権譲渡登記が行われるかどうかはファクタリング会社との誓約書に必ず書かれているので、忘れずに確認しましょう。

信用情報に影響がない

銀行融資やカードローンで融資を受けた場合、各金融機関が共有している「信用情報機関」に記録が残ってしまいますが、ファクタリングで現金調達をおこなっても記録は残りません。

記録が残ったとしても返済さえキッチリすれば信用は落ちないと安心してしまいがちですが、カードローンを利用する場合は注意が必要です。

カードローンは銀行融資よりも金利が高いので、「銀行融資ではなくカードローンを利用しなければいけないほど経営状況が悪い」と銀行からマイナスの判断をされることがあります。

ファクタリングであれば信用情報に悪影響がないので、今後銀行からの融資を考えているなら、ファクタリングの利用を取引銀行に気づかれないのはメリットになります。

銀行融資よりも審査が容易

ファクタリングの審査は「利用者・利用する会社の信用度」ではなく「取引先の信用度」が基準になるので、銀行融資に比べて容易に通ることができます。

銀行などの金融機関の融資の場合、融資を受ける会社の信用状態が重要になるので、どのような経営状態なのかが非常に重要になります。
しかし3社間ファクタリングの場合は、ファクタリングを利用する会社が倒産してしまったとしても取引先から売掛金を回収できれば良いので、取引先の経営状況を重視します。

赤字や債務超過、税金を滞納しているなど苦しい債務状況であってもファクタリングを利用することで、銀行から融資を受けるようになるまで債務状況を健全化させることも可能です。

取引先が倒産した際は、売掛金を回収しなくても良いという契約もある

取引先が倒産した際は、売掛金を回収しなくても良いという契約もある
ファクタリング契約には償還求債権がない「ノンリコースファクタリング」があり、この場合取引先が倒産してしまったとしても売上金を払う必要がありません。

ファクタリングにおける「償還求債権がない」というのは、取引先の代わり売掛金を支払ったファクタリング会社が、取引先に売掛金の請求をするということになります。

つまり「ノンリコースファクタリング」であれば、もし取引先が倒産してしまい売掛金を回収できなくなったとしても、未回収の売掛金を請求されません。

担保・保証人がなくても利用可能

ファクタリングで契約を結ぶ際には担保や保証人が必要ありません。

銀行融資では担保や保証人を求められることが多いですが、ファクタリングは売掛金を使用した資金調達であり、利用した本人が返済しなければならない融資とは根本的に考え方は異なります。

ファクタリングを利用して債務状況を改善しよう

ファクタリングは金融機関からの融資とは違い、取引先の信用度が重要になるので審査も比較的容易です。債務状況を回復させるために利用することで、将来的に金融機関からの融資を受けることもできます。
資金が必要な方は金融機関からの融資だけでなく、ファクタリングの利用も考えてみてはいかかでしょうか。

ファクタリングのデメリットとは

ファクタリング 即日

ファクタリングには自社の信用状況が悪くても利用できるなどのメリットがありますが、無視できないデメリットも存在します。
今回はファクタリングのデメリットについて解説していきます。

ファクタリングのデメリット5選

主なファクタリングのデメリットは以下の5つです。

  • 手数料が他の融資と比較しても圧倒的に高い
  • ファクタリングの利用を取引先に知られる危険性もある
  • ファクタリングが利用できるかどうかは取引先の信用度に依存する
  • 信用リスク(デフォルトリスク)がある
  • 買取ファクタリングには闇金業者が存在する

手数料が他の融資と比較しても圧倒的に高い

ファクタリングは銀行融資と違い利息は存在しませんが、別途に高額の手数料がかかります。

買取ファクタリングの場合、売掛債権を譲渡することによって現金を受け取ります。
よってファクタリングの手数料には利息制限法が適応されず、金利(年利)に換算すると桁違いに高い金利に相当します。

2社間ファクタリングであれば手数料相場は5%~40%前後ですが、これを金利(年利)に換算すると60~500%になります。
月に30%の手数料となれば「トイチ(10日で1割)」という闇金の相場に匹敵します。

買取ファクタリングを繰り返して利用していては、短期間のうちに膨大な手数料を支払う必要が出てきます。
ファクタリングは緊急時の「つなぎ」として利用すること以外はオススメできません。

ファクタリングの利用を取引先に知られる危険性もある

2社間ファクタリングであれば取引先に知られる可能性はかなり低いですが、決して100%バレないと言い切れるわけではありません。

また3社間ファクタリングの場合、契約には取引先も関わってくるので、ファクタリングの利用が取引先に知られるようになります。

金融機関からの融資ではなくファクタリングを利用しているということを知られるのは、信用度に大きく影響します。

ファクタリングが利用できるかどうかは取引先の信用度に依存する

ファクタリングが利用できるかどうかは自社の信用状況に関わらないというメリットは、取引先の信用度に依存するというデメリットの裏返しになります。
取引先の信用度が悪ければ、自社の信用度が高くてもファクタリングを利用することができません。

信用リスク(デフォルトリスク)がある

信用リスクとは債務履行リスクのことで、売掛金を発行した会社が倒産してしまうことによって起こります。
債務不履行によってファクタリング会社が売掛金の回収できない場合、売掛金の請求はファクタリングを利用した会社にされます。

ファクタリング会社とノンリコースファクタリングの契約をむすんでいれば、たとえ取引先が倒産してしまったとしても売掛金返済の義務はありません。

契約しようとしているファクタリングがノンリコースファクタリングかリコースファクタリングなのかというのは、利用するリスクが大きく左右されるので必ず確認するようにしましょう。

買取ファクタリングには闇金業者が存在する

買取ファクタリングは法整備が十分に行き届いていないため、ファクタリング業者をなのる闇金業者が増えています。

実際にファクタリング会社を名乗る闇金業者が摘発された事例もあるようです。

銀行などの金融機関から融資を受けるといった感覚で、ファクタリングに申し込むのは非常に危険なので、事前に怪しい闇金業者ではないかリサーチするようにしましょう。

ファクタリングはデメリットもあるので慎重に利用する

ファクタリングには銀行などの金融機関とは違うメリットがありますが、デメリットがあることも事実です。
場合によっては取り返しのつかない事態になることも十分にあるので、利用する際は細心の注意をはらいましょう。

個人事業主にもオススメできる資金調達方法

ファクタリング 即日

事業を行ううえで資金調達は必ず通らなければいけません。
信用がある大手企業であれば、銀行融資というのも十分考えられますが、信用度が低い個人事業主では利用しにくいというのも事実です。

今回は個人事業主でもオススメできる資金調達の方法を解説していきます。

金融機関からの融資

資金調達の方法としては一番に考えられるのは、銀行などの金融機関からの融資です。しかし個人事業主の場合、融資したお金を回収できない可能性が高いとみなされ審査が通らないケースが多いです。

銀行や与信金庫は、融資した先から今後も継続して事業を行いながら、返済をしていけるのかということを厳しく審査します。

また融資した資金の用途も審査対象であり、設備投資や商品の仕入れなど、融資によって事業を成長させることができるという理由も必要になります。

審査自体は厳しいですが、低金利で融資してくれるので長期間での借り入れや返済が可能になります。
安定した経営が見込め、取引先からも信用される債務状況をきづくことができます。

助成金などの活用

日本政策金融公庫や、国、地方自治体からの助成金を活用するという資金調達方法です。
原則として返済する必要がないので、審査を通ることができれば強力な資金調達になります。

しかし審査が非常に厳しく、大量の資料を作成して提出しなければいけません。
また審査の関係上、申請した後にすぐに入金してもらうわけにもいけません。

スピード感がある資金調達とは言えないので、設備修理や商品の製造コストが上がったなど急を要する支払いには対応が不可能です。

ファクタリングの活用

中小企業の間で人気が高まっているファクタリングは、個人事業主の方でも利用することができます。売掛債権の信用度によって審査が決まるので、信用力の弱い個人事業主であっても利用することができる資金調達方法です。
しかし個人事業主でも利用できるといっても、法人に比べるとまだまだ審査は厳しい傾向にあります。

手数料を支払う必要がありますが、即日で現金化することも可能なので、つなぎの融資としてオススメの資金調達です。
開業したてで与信審査が厳しい方でも利用することができます。

自分に合った資金調達を

事業をおこなっていくにあたって、資金調達を避けて通ることはできません。
どのような資金調達の方法があるのか、選択肢を増やしておくのは今後のことを考えても非常に重要になってきます。

また数ある資金調達にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、現状に合った選択ができるように把握しておきましょう。

ファクタリング審査に通りやすい売掛債権とは

ファクタリング 即日

中小企業や個人事業主にもオススメの資金調達であるファクタリング。
オススメの理由として、利用する会社の信用ではなく譲渡する売掛債権の信用が審査の対象となるからです。

信用度の低い企業であっても審査に通りやすいというのは、銀行などの金融機関からの融資を望めない企業にとってうれしいポイントです。
しかしファクタリングであっても審査に通りやすい売掛債権には条件があり、条件を満たしていないと審査に通りにくくなります。

今回はファクタリング審査に通りやすい売掛債権について解説していきます。

まとまった債権額がある

ファクタリングは100万円以上の債権額があることが一つの目安になっています。なぜならファクタリング会社は債権額から手数料を差し引くことによって利益を得ているので、あまりに少額の債権だと利益も少なくなってしまうからです。また少額の債権から手数料を抜いた分の現金をファクタリング利用者に渡したとしても、利用者の手取り額が著しく低くなってしまいます。このように少ない債権額でのファクタリング契約は、どちらにとってもメリットの薄い取引になります。

しかし近年では少額の債権でも、手数料を少なくすることで利用者に還元したり、将来の債権を足したうえで債権を買い取ったりなど、柔軟な対応を行うファクタリング会社も増えてきています。

まとまった債権額がなければファクタリング契約ができないというわけでもなくなっているので、債権の状況をファクタリング会社に伝え、契約が可能か相談してみるのも良いでしょう。

優良債権である

ファクタリング会社も回収できる見込みのない売掛債権を買い取るわけにはいけないので、譲渡する債権は返済に蓋然性がある必要があります。

例えば売掛先との取引が長期間にわたって何度も行われており、今までの取引で売掛先による入金遅れなどのトラブルがなければ、信用力のある優良債権であると言えます。

ファクタリングにおいては債権の信用度が重要

ファクタリングは自社の信用度が低くても資金調達を行えるというメリットがある反面、売掛債権の信用度が重要になってきます。

また緊急を要する資金調達をするためにファクタリング会社に相談しても、信用度の低い売掛債権しか持っていなければ審査に通らないことも十分に考えられます。

スピード感のある資金調達が行えるファクタリングを常に選択肢に入れておくのは、資金繰りのリスクヘッジとしてとても有効です。
安定した経営を行うためにもいつでもファクタリングを行える状況にしておきましょう。

ファクタリングの活用事例紹介

ファクタリング 即日

ファクタリングによる資金調達が銀行からの融資と異なる点として、資金の用途が問われないというのが挙げられます。
なのでファクタリング契約で得た現金は様々な使用用途があります。

今回はファクタリングと相性の良い資金用途を解説していきます。

仕入資金の不足を補う

アパレルや不動産など、商品の仕入れを大量に行ったり、商品自体が高額であったりする場合は、仕入れ代金が不足してしまうことがあります。

そこでファクタリングを利用して現金の調達をし、仕入れ代金の不足を補うという使い方ができます。

またファクタリングの場合、相談から契約、債権の現金化を最短即日で済ませることができるので、支払いに早さが求められる場面で役立ちます。

取引先の入金遅れをカバーする

納期の遅れや取引先の都合によって、入金予定がずれてしまった場合でもファクタリングは役立ちます。
期日にしっかりと入金がされないと、毎月の人件費や設備修理によって一時的に資金難に陥ってしまう場合があります。

すぐに資金調達の必要がなかったとしても、緊急の支払いに備えて資金調達の選択肢を一つでも多く考慮しておくのは重要です。

IT業や運送業は人件費がかさみやすいので、支払いが遅れてしまったことによる打撃が大きいです。
建設業なども天候によって急に出費がかさむことがあるので、いつでも資金調達を行えるという状態にしておく必要があります。

金融機関からの借り入れの代わりにする

中小企業や開業したての個人事業主などは信用が低く、銀行などの金融機関からの融資を受けられないことがあります。
その場合融資の代わりにファクタリングを利用することで、資金調達を行うのも非常に有効です。

またもし仮に融資を受けられたとしても、融資が実施されるまでに時間がかかることもあります。
必要な資金を補うのに時間をかけられないときも、早急に資金調達を行えるファクタリングは役立ちます。

ファクタリングを行うには売掛債権が必要になりますが、毎月のように売掛債権が発生する事業ならうまく活用することで、さらなる利益を上げられるようになります。

維持費用をカバーする

事業を行う際には人件費の他にも、設備機器の管理や維持、修繕にもコストがかかってきます。
特にIT業や運送業などの設備投資が多い業種では積極的にファクタリングが利用されています。

また不動産であれば建物の修繕に急を要することも多いです。
急いで資金調達を行う場合、融資に時間がかかる金融機関よりも、スピード感のある取引ができるファクタリングのほうが適しています。

確実に資金回収をする

ファクタリングの利用は資金調達だけでなく、売掛債権の未回収リスクを減らす目的にも利用できます。

取引先の与信管理を行うのは手間や費用が掛かってしまうため、中小企業や個人事業主には難しいです。また新規の取引相手だと、どの程度信用できるか把握しきれない部分もあります。

取引先が期日までに売掛金を支払ってくれるか不安な場合は、ファクタリングを利用することで経営におけるリスクを減らすことができます。

ファクタリングを利用することで事業に役立てる

銀行などの金融機関からの融資とは違い、ファクタリングは使用用途が定められていません。
融資の場合、金融機関側はその融資によって利益を上げられるかということを重視します。

ファクタリングであれば維持費用や修繕費といった、利益にならないが資金が必要という場面でも対応できます。
ファクタリングをうまく利用して、経営する事業に役立ててください。

業界別解説:アパレル業界とファクタリング

ファクタリング 即日

アパレルは製造や在庫管理が難しく資金難に陥りやすい業界です。
また急に資金調達が必要になった場合、金融機関による融資の審査を待ってしまうと販売時期を逃してしまいます。

今回はアパレル事業のファクタリング利用のメリットについて解説していきます。

なぜ資金難に陥りやすい?

アパレルは基本的に資金難に陥りやすい業界です。その原因としては主に以下の3つが挙げられます。

  • 売り上げが反映されるまでに時間がかかる
  • 必要な資金が急に変更することがある
  • とにかくスピード感が求められる

売り上げが反映されるまでに時間がかかる

アパレルは原材料の仕入れから加工まで行うので、商品を製造してから販売して売り上げになるまで時間がかかってしまいます。

さらに今のシーズンの売り上げを待たずに、次のシーズンの商品を制作しなければいけないので、他の業界より資金不足になりやすいです。

必要な資金が急に変更することがある

アパレルは商品の製造から販売まで自社で行っていることが多く、製造の段階でトラブルが起こった場合そのシーズンの売り上げが落ちてしまいます。

例えば製造を委託している海外の工場でストライキが起こった場合、賃上げのために追加の資金が必要になり、製造コストに上乗せする形で資金が必要になります。

またアパレルは流行が激しく変わっていき、人気のある売れる商品も次々に代わっていきます。
なので一度売れ残ってしまった商品はその後も売れないことも多く、製造費や管理費などの費用を回収するのは非常に難しいです。

とにかくスピード感が求められる

「仕入れ」「在庫管理」「卸値の推移」などアパレル事業者の資金管理は簡単ではありません。
さらにアパレルは季節ものや流行といった独自の概念が強く作用するので、売り上げを上げるためにはスピード感が求められます。

販売する時期を逃してしまうと売り上げに大きい影響を及ぼす可能性があります。
なので急に資金が必要になった場合、多少強引でも資金調達を行った方が最終的に大きな売り上げを上げられることもあります。

アパレル事業者がファクタリングを利用するメリット

アパレル事業者がファクタリングを利用するメリットは以下の二つが挙げられます。

  • すぐに資金調達ができる
  • 取引先の与信情報を管理できる

すぐに資金調達ができる

海外の委託工場によるストライキや急な設備投資が必要になるなど、アパレルは資金ショートが起こりやすいです。

なので審査に時間がかからずに、早急に資金調達を行えるファクタリングは非常に相性が良いと言えます。

たしかに金融機関からの融資に比べると手数料は割高ですが、適した販売時期に商品を販売できれば、手数料を補えるだけの売り上げを立てることも可能になります。

取引先の与信情報を管理できる

アパレル業では自社で一貫して一つの服を製造しているのは珍しく、ほとんどの企業が工場に製作を委託しています。
すると受注をたくさん行っている工場は取引先が多くなり、管理する売掛債権も膨大になっていきます。

ここで多くの取引企業の与信管理が問題になります。
取引先の与信管理をすべてこなすのは中小企業にはとても難しいですが、ファクタリング会社と契約を結ぶことで取引先の与信管理だけでなく、新規の取引先の与信管理も行ってくれます。

これにより自社だけではできなかった取引先の与信管理が可能になります。

アパレル事業においてファクタリングは相性抜群

アパレル事業は製造によるトラブルや在庫管理によって、必要になる資金が流動的に変化します。
さらに春夏秋冬とものすごいスピードで流行りや商品が入れかわるので、キャッシュフローには細心の注意を払わなくてはいけません。

ファクタリングは急な資金難にも対応でき、取引先の与信管理も行えるので、アパレル事業者の方はファクタリングを選択肢の中に入れておきましょう。

業界別解説:不動産業界とファクタリング

ファクタリング 即日

不動産事業は物件を所有しておくことで資産的な収入が見込めることで人気をはくしています。

定期的に収入が入ってくるので資金難になることは少ないと思われていますが、物件の維持費や修理費など突発的に資金が必要になる場合もあります。
なので事業を進めていくうえで資金調達の選択肢を複数考えておくのは非常に重要です。

今回は不動産事業とファクタリングの相性の良さについて解説していきます。

不動産が資金ショートしてしまう理由

不動産業はビルの管理費やテナント料、マンションの家賃収入を主な利益としています。

毎月収入が入ってくるものが多いので、資金難になることは少ないのではと考えられていますが、思わぬ落とし穴も潜んでいます。

  • 投資額が大きい
  • 市場価値の変動幅が大きい
  • 入金までに時間がかかる

投資額が大きい

不動産業は管理費、テナント料、家賃などを顧客から毎月支払ってもらい運営しています。
なので利益を得られそうな物件を抑える必要があり、そこからさらに維持費や融資の金利の支払いなど毎月の支払いもあります。

多額の投資は契約を安定して取れていれば実を結びますが、売り上げを上げられない物件と契約してしまうと、資金繰りに苦しむ原因となります。

市場価値の変動幅が大きい

不動産の市場価値は景気によって大きく変動していくので、将来どのくらいの利益を上げられるのかを計算するのは容易ではありません。
高額の投資をして購入しても、予想が外れてしまっては悲惨な結末になってしまいます。

長い期間にわたって入居者・利用者と交渉しながら、取引していかなければいけないので、税制や金利動向によって事業の方向性も柔軟に変えていかなければいけません。

入金までに時間がかかる

不動産にて販売や賃貸、テナント契約で収入を得る場合、土地の購入したのち物件の開発、販売、引き渡しが完了するまで1~3年ほどかかってしまいます。

仮に地価が上昇しているようなら、利益を上げやすい物件を獲得できます。
逆に地価が下降しているような状況においては、高額の投資で手に入れた土地や建物も売れ残ってしまうケースが多いです。

また不動産の開発中は収入が入らない状態で、常に価格変動するリスクを背負わなければいけません。

不動産業にてファクタリングを利用するメリット

不動産業を行う事業者が資金調達をするときは、不動産担保融資を利用する方が多いです。
不動産を担保にしているので、一度に借りられる額も大きく、金利も低いので、安定した経営を行うことも可能になります。

そんな不動産担保融資だけでなく、ファクタリングが必要になる場面も多々あるので、以下ではファクタリングを利用するメリットについて解説していきます。

土地の市場価値が下がっているときには必要な分を現金化できる

不動産は多くの条件によって収入が変わってくるので、資金調達が必要な時と不必要な時の振れ幅が大きいです。
不動産担保融資は審査に時間がかかりますが、低い金利で利用できるので、経営が安定しているときはとても便利な資金調達方法です。

しかし事故や自然災害によって突然高額な費用が必要になった場合、定期的に支払わなければいけない金利と含めて、一時的に資金繰りが苦しくなってしまいます。
当然金融機関からの融資は審査に時間がかかるので、突発的な支払いに対応できません。

ファクタリングであれば手数料自体は高くなってしまいますが、素早く必要な額を資金調達することができます。
とにかくスピーディーにまとまった資金を調達できる点では、ファクタリングならではのメリットといえます。

家賃収入を売掛債権にできる

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡する代わりに、現金を受け取る取引ですが、不動産事業における売掛債権は家賃収入などにあたります。
将来的に支払ってもらう予定の家賃を、ファクタリング会社が一括で前払いしてもらう形になります。

毎月の家賃収入が安定していれば、債権に対する信用度も高いので審査も通りやすいでしょう。

手数料が高くなるので注意

ファクタリングの利用はメリットも大きいですが、注意しなければならない点として手数料が高くなってしまうことが挙げられます。

ファクタリングにおいて手数料を低く抑えたいなら3社間ファクタリングを利用することが考えられますが、不動産事業の場合ほとんどが2社間ファクタリングで行われます。

3社間ファクタリングは、売掛先とファクタリング会社がつながることが特徴です。
不動産の場合、売掛先というのは入居者に当たり、入居者に資金難であることを相談してしまうと不安を与えてしまいます。

これを避けるために不動産事業では、多少手数料が高くなっても2社間ファクタリングを利用することになります。

不動産事業とファクタリング利用は選択肢として考えておくべき

不動産は突然まとまった資金が必要になることがあります。
なので銀行などの金融機関からの融資だけでなく、資金調達の方法は一つでも多く考えておくことが重要です。

ファクタリングは必要な時に必要な分の現金を集めることができるので相性も良いです。
不動産事業を考えている方はファクタリングの利用を選択肢として考えておきましょう。

オススメのファクタリング会社5選

ファクタリング 即日

審査に時間がかからないのでスピーディーに資金調達ができるファクタリングですが、信頼できる会社を選ばなければ満足のいく取引ができない可能性があります。

今回オススメのファクタリング会社について解説していきます。

ファクタリン会社には2種類ある

ファクタリング会社には「独立系ファクタリング会社」と「銀行系ファクタリング会社」の2種類があります。
独立系ファクタリング会社と銀行系ファクタリング会社の違いは金融機関系列の会社が営業しているか否かで分けられます。

その名の通り独立して営業しているファクタリング会社のことを独立系ファクタリング会社と呼びますが、一般的に中小企業や個人事業主が利用するのはこちらに当たります。

独立系ファクタリング会社の特徴として2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらも利用できることが挙げられます。
また審査も通りやすいので、中小企業や個人事業主の方も利用しやすいです。

以下ではオススメの独立系ファクタリング会社を5社紹介していきます。
ファクタリングの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オススメファクタリング会社5選

ここで紹介するオススメのファクタリング会社は以下の5社になります。

  • 三共サービス
  • ビートレーディング
  • GMO PAYMENT GATEWAY
  • MSFJ
  • OLTA

三共サービス

三共サービスはファクタリング業界でもトップレベルの手数料の低さをほこります。
通常2社間ファクタリングにおける手数料相場は10%以上といわれている中、三共サービスでは上限手数料が10%となってします。

また取り扱いしている金額も大きく、最大買取金額は1億円、最低買取額は50万円です。
ただし1取引先分では3000万円が上限であり、1つの取引先で1億円の取引は受け付けていないので注意しましょう。

日本全国で対応しているので、地方の方でも利用できます。
しかし三共サービスでは法人企業のみの取引なので、個人事業主の方は利用できません。

ビートレーディング

ビートレーディングは知名度、契約件数ともに業界トップクラスの会社です。
また透明性の高い手数料設定になっているので安心して取引することができます。

ファクタリングにおいて手数料を分かりにくくしているところも多く、他の名目で費用を請求する悪質な業者も存在します。
その反面ビートレーディングではファクタリング契約の透明性や分かりやすさを重視しているので、はじめての方も安心して取引できます。

また法人だけでなく個人事業主の方でも利用可能です。
ファクタリング会社の中には、法人企業のみを対象にしているところも多いですが、こちらの会社では個人事業主や自営業の方も取引することができます。

GMO PAYMENT GATEWAY

ファクタリング会社のなかでも珍しく一部上場企業がファクタリングサービスを行っています。
また2社間ファクタリングにも対応しているので、悪質な闇金業者を避けたい方も安心して取引できます。

MSFJ

ファクタリング手数料が業界トップクラスの安さであり、手数料率の上限を公開しているので安心して取引できます。
手数料比率の上限を示しているのはファクタリング業界でもかなり珍しく、信頼できる企業の一つです。

法人、個人事業主のどちらでも利用できます。
また5000万円の大口ファクタリングから100万円未満のファクタリングまで、買取してもらえる金額の幅が広いのも特徴です。

100万円未満のファクタリングなら即審査、即日資金調達もできるので、緊急に現金が必要になった場合でも対応することができます。

OLTAのクラウドファクタリング

今最も勢いのある急成長のファクタリング会社です。
ISO認証を取得しており、大手銀行とのパートナー契約を結んでいるので信頼性の高い企業です。

手数料比率も業界トップクラスに低く、2社間ファクタリングでも個人事業主が利用する場合でも最大で9.0%となっています。
ファクタリング業界でもトップクラスに低い手数料が特徴になっています。

ファクタリングを利用して資金調達を行おう

ファクタリングは審査のスピードも早く、緊急の資金調達をしたいときに役立ちます。

ファクタリング会社は今回紹介したものの以外にもあるので、気になっている方は各都道府県のファクタリング会社もチェックしてみましょう。

注意すべき点として、ファクタリング会社のなかには悪質な闇金業者も存在しています。
信頼できる会社と取引したい方は上記のような有名な企業を検討してみてください。

まとめ

今回は、ファクタリングの基礎から始まり、メリット・デメリットや業界ごとの事情について紹介してきました。

少し長くなってしまいましたが、ここにはファクタリングの基礎が詰まっているのでこれだけ読んでおけばファクタリングが何かについては概ねイメージを持って頂けたと思います。

ガイド屋
ガイド屋
内容についてはご理解頂けましたでしょうか?
今後、より具体的なイメージを持って頂くために、活用事例などを今後紹介していく予定ですので乞うご期待下さい。